商品のPRには確実性の高い紙媒体のチラシが便利

広告の種類

以前は一流広告代理店は、色々存在しています。
これ以外にも印刷会社の大手などがクリエイティブ部門を設立して一貫して仕事を受注するなど活躍していました。
現在はこれらの集団に加えてWEBクリエイティブ関係のグループが小集団として専門的な制作部門として、大手の広告代理店からさえ、そのハイレベルなスキルを明確にうたい、専門家集団としての位置づけをリアル社会での存在を知らせることに成功しています。
もちろん大手広告代理店や印刷会社もメディアプランニングやメディアソリューションと位置づけて、販促プランニングやクリエイティブを戦略的にトータルで顧客様にプレゼンテーションを行なっています。

ネット上では、SNSというツール使うことによりが個人で世界相手に情報を発信できる手法を簡単に手に入れてしまっているのが現状です。
印刷という概念、試作段階でも立体物を制作する時には、そのための金型が必要な時代から3Dプリンターというデーターを組み込むと、その図面指示に従って試作製品ができる時を迎えました。
印刷物も版下からフィルムを起こして、試し刷りを行い最終印刷物にしてこれも同様に仮の版下制作の工程があります。
今では高性能のプリンターの出現により、PC画面上でレイアウト・カラー・写真など基本を確認してプリンターから出力すれば、大きさも自由に設定できる状態まで持っていくことができます。
ですから広告メディアの概念も変えねばなりません。